ワンダーボックス

ワンダーボックス 無料オンライン説明会レポ! 

ワンダーボックス

ワンダーボックスはSTEAM教育を意識した、これまでとは全く異なる新しい通信教材です!

ワンダーボックスが、実際にどのような教材なのか内容を知りたい方向けに、無料オンライン説明会が開催されています。

実際に私も参加してみました。
参加者限定特典もありましたよ!

ワンダーボックスの概要については、以下の記事を参考にしてくださいね!

ワンダーボックス 無料オンライン説明会の内容と特典

開催形式と特典

ワンダーボックスは、これから契約される方、興味がある方向けに、無料オンライン説明会が開かれています。

形式はオンライン会議ツール「Zoom」によるもので、参加者側の顔は表示されませんので安心して、気楽にご参加いただけると思います。
説明会の時間は45~60分程度で、事前に送られた質問内容の量に左右されるようです。
また、説明会の内容はアーカイブされ、終了後に送られてくる動画アクセス用のリンクから動画を視聴することも可能です。
説明会の時間帯は予定があって見られないという方も、あとから動画をじっくり確認することができますよ!

オンライン説明会では、ワンダーボックスを開発されたワンダーラボの経営陣の方々が実際に教材の魅力について語ってくださいます。
具体的には

コンテンツの内容説明
教材の開発意図説明
コメント欄からの質問内容に対する回答

が行われます。
また、オンライン説明会参加者限定の入会特典もあります!

私が参加した会では、説明会終了後1週間以内に入会した場合に使用可能な、入会割引キャンペーンコードが特典内容でした。
(実をいうと、この時は紹介コード割引よりも高い割引でした……)

毎回同じ特典かどうかはわかりませんので、気楽にご参加いただいて、確認しいただくのがよいと思います。

説明会の内容と感想 シンクシンクとワンダーボックスの違いの解説も

なお、私が参加した会では、以下の教材の開発意図について説明いただけました。

  • コードクラフターズ
  • ずっこけびじゅつかん
  • ミッションハンター
  • ジュニアランド
  • たいせんボードゲーム
  • ハテニャンのパズルノート
  • トイ教材
  • ビッグペーパ

また、同じワンダーラボが提供している、知育アプリであるシンクシンクとワンダーボックスの違いについても具体的に解説がありましたので、こちらについての疑問もある方にもおすすめできる内容です。

私個人としては、それぞれの教材の開発意図を知ることができたのが良かったです。
子供のどういった意欲を引き出したいのか、どのような教育効果を狙って作られたものなのか、私自身も利用者目線でブログ内に感じたことを書いていますが、実際の開発者の意図を知ることができたのは収穫でした。
また、子供がうまく取り組めなかった際の声掛けの工夫もお話いただけて、私も実践してみようと思えました。

ただし、時間の関係からか、教材内容の説明については、全てではなく一部だったのが残念でした。

それでも、得られたものの方が大きかったと思います。
もちろん入会されていない方にとっては、入会特典が一番大きい収穫となると思います!

ワンダーボックス 無料オンライン説明会への参加方法

オンライン説明会への参加は、ワンダーボックスより可能です。

トップページにアクセスし、商品紹介動画の下に、オンライン説明会への画像リンクが貼ってありますのでそちらをクリックします

ワンダーボックス 公式サイトトップページより

リンク先のページで、希望日時や氏名、メールアドレス、簡単なアンケートに答えるフォームがあるので、そちらに必要事項を記入して送るだけです。

説明会前日に、説明会に参加するためのURLが入力したメールアドレス宛に届きますので、指定された開催時間の5分ほど前までに入室し参加します。

アーカイブ動画へのアクセスURLは、説明会終了後に送られてきますので、何度も確認することができますよ!

以上、ワンダーボックス無料オンライン説明会レポでした。

なお、当サイトでも、ワンダーボックスの教材紹介をしております。
よろしければ、参照してみてくださいね!

ワンダーボックスの概要についてはこちら!

ワンダーボックスへの紹介コードによるお得な入会についてはこちら!

タイトルとURLをコピーしました