ワンダーボックス

ワンダーボックスは中学受験に役立つ? 受講者が語るポイント!

ワンダーボックス

ワンダーボックスは、算数における偏差値が高くなったり、IQが高くなったりという効果が実証実験で証明されています。

では「受験に役に立つのか?

皆さん気になるようで、ワンダーボックスの公式FAQにも記載がありました。

Q.学校の勉強や受験などに効果はありますか?

A.学校の勉強や受験対策と同じ内容を直接的に扱うわけではありませんが、相乗効果があります。意欲や思考力が育つことで、学んだ知識・スキルを応用でき、全て学びがより有意義なものとなります。

ワンダーボックス:FAQより

公式見解としてこれ以上の解答はできないだろうと思います。
学校によって試験問題も異なりますし、全ての試験に効く万能薬は残念ながらありません。

ですが、我が家は1年以上継続してワンダーボックスを利用し「こういうところが受験に役立ちそう!」と思うポイントがいくつかあります。

正直、中学受験に限らず、高校・大学受験にも役立つと思っています。

私の個人的見解であり効果を保証するものではありませんが、丁寧に解説して参ります!

ワンダーボックスのどの辺りが中学受験の役に立ちそう?

ポイント1:問題の突破口を開く力

まず、中学受験においては「算数」が重要な位置を占めていると思います。
問題の難易度がつけやすく、差も開きやすいからです。

算数においては「工夫してみる」ことで簡単に解ける問題が存在し、そうした問題を解くために、まず「やってみよう」と取り組み「試行錯誤」することが必要です。

私はこれが最も重要なことだと思っています。

受験を語る上であまり重視されていないようにも思うのですが、「挑戦」や「試行錯誤」をしてみないことには始まりません。

ワンダーボックスでは、そうした力を楽しく育むことができます!

例えば、プログラミングアプリである「コードクラフターズ」。

より高い点数を狙えるプログラムを作ることを目指すことで、目標に向かって「試行錯誤」してよりよくしていく経験を得ることができます

また、一つの問題をじっくり探求していく「バベロン+」では、解けるまで同じ問題に何度も挑戦できます。

解けた問題が増えていくと「バベロンの塔」が高く伸びていくんです。
そんな楽しみから「できるまで頑張って見よう!」と思うことができ、達成感も味わえます!

こうした経験を「楽しんで」することで、少し難しそうな問題が出ても「やってみよう」と挑戦し、「もう少し考えてみよう」と試行錯誤することができるようになり、ひいては受験の役に立つと考えれます!

ポイント2:楽しく数的思考力が身につく

ワンダーボックスには、すでに申し上げたように、算数の偏差値がアップすることが証明されているアプリ「シンクシンク+」「バベロン+」「アトラニアス」があります。

正直、中学受験に限らず、受験で一番差がつくのは「算数・数学」です。
難易度が調整しやすいこともあり、ここでいかに易しい問題を落とすことなく、難しい問題をとることができるかが鍵になってきます。

よって、数的思考力を高めることは受験に必要な力をつけるのに必須です。

では実際どのような問題が出るのでしょう?

アトラニアスの問題例
アトラニアス

例えば、アトラニアス。
アトラニアスでは算数オリンピックでも出題されるような難問が出題されます。

また、「シンクシンク+」では、計算問題、図形問題など、算数・数学の分野でも多岐に渡って出題されます。

特に、図形の展開図、切断問題は、中学受験の頻出問題でもあります。

ワンダーボックスはアプリなので、切断面や立体を即時的に判断することができるのもポイント。
粘土をこねて切って……ということをしなくてもいいのです。

また、こうした経験を積むことで、頭の中で立体図形を想像することができるようになってきます。

正直、学校の教科書は基礎レベルの問題しか収録されていません。
ですので、学校の授業だけでは、応用問題や難しい問題に会う機会はほとんど得られないのです。

ですので、ワンダーボックスでこうした問題を小さい頃から楽しんで親しめば、数的思考力を高め、算数が得意になる一歩になると考えられます!

ポイント3:本質を捉える視点が育まれる

受験問題では「要するにどういうことですか?」「あなたはどう思いますか?」と問われる問題があります。

例えば、某私立中学の入試問題で”某猫型ロボットが生物でない理由を答えなさい”というような問題が出題されました。

この問題は、生物の特徴が説明された設問がその前にあり、そこから自分なりに「生物の定義」を整理して、某猫型ロボットの特徴と照らし合わせて答える必要があります。

こうした問題では、与えられた情報の中から「相違点」について気づき、自らの言葉で整理して答える力が必要です。

ワンダーボックスの「そっくりさがし」や、「ミッションハンター」はそうした物事の本質を捉え、表現する力をはぐくむアプリゲームです。

「ミッションハンター」では、「いろちがいでひと組になっているものを探す」というような問題が出題され身の回りから探します。

ミッションハンター

こうした課題を解くことで自然とモノの特徴を捉える視点が養われます。

「そっくりさがし」は、2つの写真から似ている点を見つけ、言葉で答えるゲームです。

そっくりさがし

本質的に同じところはどこなのか考えさせられ、またそれを言葉で表現する力が養われます。

正直、「本質を捉える視点」は探究心にもつながりますし、中学受験にとどまらず、人生そのものを豊かにしてくれるものだと思います!

こうした視点、東大生は持っていると言われていますよね。

中学受験塾にも、ワンダーボックスは効く!?

さて、ここまで「ワンダーボックスのこのあたりが受験に効きそう」というポイントを解説してまいりました。

とはいえ、現在は中学受験をするとなれば「中学受験塾に通う」というのが現実的な解のようです。

一般的に受験塾では以下のようなサイクルで学んでいきます。

 ・~5年生まで:問題の解き方、方法論を学ぶ
  →とにかく型を身につけることに重点がある

 ・6年生~:問題の突破口を探る思考力を育む
  →どの型がはまるかを考える力が求められる

注目は6年生から始まる2周めの学びです。
今までの経験を目の前の問題にどう適用するか「応用力をつける」のが目的です。

これまで解説してきたように、ワンダーボックスでは相違点を見抜く視点を育み、挑戦し試行錯誤の経験を積ませてくれる教材でした。

この視点を持って挑戦し試行錯誤することができれば、難問を前にしても「応用する」にすんなり入っていけるはずです。

つまり、いずれ中学受験塾に通うとしても、低学年のうちにワンダーボックスをしておくことは全く損はなく、むしろ良いことだと思います。

まとめ:ワンダーボックスは中学受験に向けてやっても損はない!

さて、ワンダーボックスで中学受験に聞きそうなポイントをおさらいしてみましょう。

ワンダーボックスが中学受験に効くと思うポイント!
  • 問題の突破口を開く力(挑戦心・試行錯誤力)を育む
  • 楽しく数的思考力が身につく
  • 本質を捉える視点を育む

そして、中学受験塾に入ってからも、これらのスキルが役にたつのではと意見させて頂きました。

我が家では二人の子供が2020年4月の開講当初からワンダーボックスを受講、上の子は小5になるまでの2年受講、下の子は2年以上継続受講できています。

「楽しいから毎日続けられる!」、これが最も大きい効能とも感じています。

皆様の疑問の解決の一助となっていれば幸いです!

ワンダーボックスは、資料請求することでアプリを試すことができます。気になるかたはぜひ試してみてください。

2ヶ月経過すれば解約可能で返金もされますので、お子さんにあうかを試してご検討されるのが一番だと思います!

\ 紹介コード:RtAciwN9VCj6 で割引入会!/
この記事を書いた人
なべこ

塾嫌いの母により小中高と自宅学習を余儀なくされた
「自宅学習のベテラン」
現役で慶應義塾大学へ進学し、卒業後は外資系IT企業でエンジニアとして10年勤務。
教育の基盤は家庭にありと、自らの経験を元に”自宅で楽しく学ぶ!”を試行錯誤する日々。STEAM教材にハマり中。
2人の小学生の母。保育士。

なべこをフォローする
ルンルンSTEAM教育!
タイトルとURLをコピーしました