教材

ワンダーボックスのアート教材で子供の表現力を鍛えよう!

教材

ワンダーボックスは、次世代の学びとして注目されている『STEAM教育』を意識した、全く新しい通信教材です!

ワンダーボックスのアプリには、STEAMのArtsをカバーするアート教材が5つあります。

  • 年中・年長向け:まぜまぜパレット、ミエールのへんてこミュージアム
  • 小学生向け:めいがのもりのコラトリエ、うごけ!ピコット、ずっこけびじゅつかん

STEAMの「Arts」は広く一般教養を示すという見解が多いなか、ワンダーボックスではどのような扱いなのでしょう?

本記事では、実際にワンダーボックスを楽しんでいる経験をもとに、これら4つのアート教材の効果や気に入っているポイント、遊ぶ際に気をつけたい部分について解説して参ります!

(※こちらの記事で解説する「効果や伸びる力」は、筆者の個人的な見解であり、効果を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください)

まぜまぜパレット(年中・年長向け)

「まぜまぜパレット」は年中・年長向けに提供されている『色』に着目したゲームです。
赤・青・黄・黒・白の5色を自由に混ぜ合わせ、着色する体験をすることができます。

同じ色の組み合わせでも、量の比率を変化させることで、色の微妙な変化も経験することができます。

そうした繊細な色の違いを発見する視点を養い、感性を育むことが目的のゲームです。

色を変えたい絵柄をタップするとパレットが出現!

パレット上で自分の好きな色を作成していきます!

色が作成できたらタップした絵がその色で着色されます。

紙への着色だと失敗したくないという気持ちが先行しなかなか思い切った配色ができないところ、イメージと異なると思ったら何度もやり直せるのはデジタルのいいところ!

我が家の娘は、虹をダークな色に変化させ「黒いにじ!」と言いながら遊んでいました。

遊ぶ時間帯によって、背景の色が明るいものから暗いものへ変化するのも面白いところ。

背景の配色が変化することで、自然と使用する色使いも変化してきます。

服を汚すことなく、着色遊びが手間なく手軽にできるのが親も助かるアート教材です!

ミエールのへんてこミュージアム(年中・年長向け)

「ミエールのへんてこミュージアム」は、目に見えないものを自由に表現することに主軸をおいた、【芸術の芯】を経験できるゲームです。

例えば、2021年9月号では食べ物の「あじ」を、10月号では楽器の「おと」をかたちスタンプで表現するというものでした。

「三角は酸っぱい感じ!」や「なみなみ線は美味しそうなにおいなんだよ」などと、話も弾みます。

娘のワンダーボックスを借りて、家族でやってみたのですが、同じものを見て「美味しいもの」と捉え方は等しくても、表現する人によって表現方法が異なり、個々の「感性」が表れるのが面白い教材です。

めいがのもりのコラトリエ(小学生向け)

「めいがのもりのコラトリエ」は多くの人に知られるいわゆる名画を切り貼りして、1つの作品をつくるコラージュという手法を用いてテーマに沿った作品を作ります。

2022年4月では、モネ、ゴッホ、ルソー、ルノワール、葛飾北斎 etc の作品を使って、うみのいきものを作りました。

どの名画のどこを切り取ると表現しやすいか、そうした試行錯誤を繰り返して「こうしたらこう見えた」といった新たな発見をしてさらに発想が広がっていくような体感をすることができます。

私のお気に入りポイントは、最初に自分が作品制作で使える名画は3枚だけで、ワンダーボックスの仲間たちが制作した作品を見に行くと、その作品で使っている素材をもらってくることができるというところ!

行動することで、素材を増やす特典が得られるのは、アクションを起こすという大切さを知れる子どもたちにとっていい経験です!

小学生が名画に触れる機会は、美術館に自分で訪れることを除くと、図工の授業で習うくらいでしょう。

遊びながら自然と名画を知ることができるのもいいですね!

名画に触れるならこんなのもあります!

うごけ!ピコット(小学生向け)

「うごけ!ピコット」は、2つの絵を組み合わせて、動画を作るゲームです。

静止画をパラパラとめくっていくアニメーションの仕組みに触れることができます。

動きや速さの調節によって印象が変わることを実感でき、手はこう動く、足はこう動くなどと自分の表現したい完成図から逆算して、動作の過程を考えるきっかけを与えてくれます。

息子の場合は、常に笑いを求める人なのでふざけておかしな動きをさせることに注力していました。

本物っぽく動かしたいというお子さんであれば、身の回りにあるクルマや電車、動物などの動くものを観察するきっかけにもなるかも!

動く様子を分解して考え抽象化してみる視点が磨かれたら万々歳ですが、それでも表現方法が経験的にわかってくれればよし!というところだと思います。

ずっこけびじゅつかん!(小学生向け)

ずっこけびじゅつかんは、2コマ漫画の創作を楽しむゲームです。

あらかじめ描かれている1コマ目の続きを考えることで、感性を刺激し、想像力を膨らます経験をすることができます。

我が家の子どもたちが取り組む様子をみると「どうすれば面白くなるか?」を考え、自分なりの面白さを一生懸命表現しようとしている姿が見られます!

親としては、そのユーモアを理解できないこともあるのですが、そこは笑ってあげています!

また、ワンダーボックスの仲間たちの作品を見ることもできるので、「こんな発想面白いね!」と他人から刺激をうけることができるのも特徴です。

そうして、さらに自分の創作活動をより探究していくことにも繋がります!

おまけ:トイ教材の中のアート教材

ワンダーボックスには、アプリだけでなく、手を動かして作って楽しむトイ教材もあります。

これまでのトイ教材におけるアート教材には以下のようなものがありました。

  • テープフェスティバル:マスキングテープで表現を楽しむ
  • イロイロファクトリー:カラーセロファンと光の共演
  • モールアドベンチャー:モールを使って世界を楽しむ
  • ペーパーラボ:立体折り紙や飛び出すカード制作

以下の記事でご紹介していますので、気になる方はご覧になってくださいね!

まとめ:表現力を磨くと人生が変わる!?

このように、ワンダーボックスには、アプリ教材のような気軽にアートを楽しめる教材や、トイ教材でじっくり表現制作を楽しむ教材が沢山あります!

アートは、一見いわゆる勉強と関係ないように思いますが、私はそうは思いません。

私自身、こうして文章を書いたり自分で表現するということをやってみて、

「この絵はどのような気持ちで描かれたのだろう?」
「このモノのデザインはなぜこのようになっているのだろう?」
「この音楽はどうしてこんなに心地よいのだろう?」

と、身近なものの中にキラリと光るものを見つけたいという気持ちが強くなり、より小さいものが見えるようになる虫眼鏡や、繊細な音が聞こえるようになる聴診器を手に入れたようになりました。

世の中を見る目がだんだん変化していくことを実感しています!

こうした目や耳を手に入れることは、より生活が豊かになることに通ずると思います。

自宅で気軽に表現力を鍛えることができるのは、ワンダーボックス受講のメリットといえます!

ぜひ体感してみてくださいね!

\ 紹介コード:RtAciwN9VCj6 で割引入会!/

この記事を書いた人
なべこ

塾嫌いの母により小中高と自宅学習を余儀なくされた
「自宅学習のベテラン」
現役で慶應義塾大学へ進学し、卒業後は外資系IT企業でエンジニアとして10年勤務。
教育の基盤は家庭にありと、自らの経験を元に”自宅で楽しく学ぶ!”を試行錯誤する日々。STEAM教材にハマり中。
2人の小学生の母。保育士。

なべこをフォローする
ルンルンSTEAM教育!
タイトルとURLをコピーしました