ICT塾・教材技術 ・工学

ワンダーボックス「コードアドベンチャー」でプログラミング初心者→初級者へ!

ワンダーボックス コードアドベンチャー アイキャッチICT

ワンダーボックス「コードアドベンチャー」は、初めてプログラミングをやってみるお子さん向けに、無理なくスモールステップでプログラミングの基礎を学べるアプリです。

  • 4才でもカンタン! 初心者のつまずきをおさえた難易度設計
  • プログラミングの基礎 順次処理・繰り返し・条件分岐を学べる
  • スモールステップでわかりやすい
  • おわったら「コードクラフターズ」でより楽しみが広がる

「4才からって難しくない?」という不安のある方も大丈夫!

わがやの娘も4才から始めて「私はプログラミングできるから!」と自信満々になっています!

ワンダーボックス受講3年目に突入した我が家の経験をもとに、サクッとご紹介して参ります!

↓創造をたのしむプログラミング「コードクラフターズ」はこちらで紹介しています!

ワンダーボックス「コードアドベンチャー」は初心者でもカンタン!

ワンダーボックス「コードアドベンチャー」は、初心者向けに作られたプログラミング学習アプリです。

4才と低年齢からでも無理なく始められるのが特徴!

その秘密は「習う」より「やってみて慣れる」ことに重きがおかれているからです。

コードアドベンチャー きょうりゅうをうごかすファーストステップ

1つの命令で「きょうりゅう」を動かしていくところからはじまります!

  • キャラを動かす
  • 動かす方向を選べる
  • ゴールまでの道筋を考える

と、本当に1つずつ学んでいくので、サクサク進められうのもポイントです!

スキルをみにつけ【初心者】→【初級者】へレベルアップ!

お子様が興味をもちやすいよう舞台設定もしっかり!

プログラミングスキルを学ぶにつれて「まち」が大きくなっていきます。

最初にいくのは「はじまりのまち」

ある程度スキルをみにつけたら、「じょうけんのまち」「くりかえしのまち」「へんすうのまち」…とまちを広げていきます。

それぞれのまちは、学ぶテーマがきまっています。

  • へんすうのまち:変数(数値がかわる入れ物の作り方)
  • くりかえしのまち:繰り返し処理(同じことのくりかえし)
  • じょうけんのまち:条件分岐(もし…ならという条件)
  • かんすうのまち:関数(処理のまとまりをつくる)
  • メッセージのまち:メッセージ送受(2つ以上のものを動かすときの処理)
  • さいはてのまち:今までの総まとめ

どのまちもある程度学ぶと、自動で次のまちに進めるようになっています。

それぞれのまちで学べる内容は、市販のプログラミング入門書に書いてあることと同じです。

例えば、お子さんが自宅で、初めてScratchプログラミングを学ぶのに、私が一番オススメする本「作って学ぶScratchドリル (O’REILLY KIDS)」でも、これと同じ内容が網羅されています。

つまり、コードアドベンチャーをじっくりすれば、プログラミングスキルが【初心者→初級者】にレベルアップするといって過言ではないです!

いまいちポイント:復習はしにくい……

一方で、一度クリアしてしまった課題をもう一度「まなびなおし」はやりにくいのがいまいちポイント。

残念ながら、解答をワンクリックで「リセット」できません

もう一度解くことはできますが、命令を1つ1ついちいち自分ではずす必要があります。

もっとも「さいはてのまち」では全てのスキルを使いますし、もう一つのプログラミングアプリ「コードクラフターズ」でも学んだ処理をつかいます。

新しい課題で学んだスキルを使うことが復習になりますので、もとにもどるよりは次に進んでいくことをおすすめします!

自信がついたら「コードクラフターズ」に進もう!

コードクラフターズ 花火

ワンダーボックスの嬉しいポイントは、「コードクラフターズ」に進めること!

「コードクラフターズ」は、プログラミングをもっと楽しむアプリです。

コードクラフターズ 音楽

「ゲーム」「変顔」「線画」「花火」「音楽」など、テーマが多彩!

プログラミングってこんなに色々できるのね! と楽しさを実感できること間違いなし!

「創造」する楽しみが広がります。

コードクラフターズの詳しい記事はこちらで解説していますよ!

まとめ:「コードアドベンチャー」で初級者にレベルアップ!

「コードアドベンチャー」をおさらいしましょう!

「コードアドベンチャー」のまとめ
  • 4才でもカンタン!
  • 「習うより慣れる」で無理なく身につく!
  • プログラミング初級者にレベルアップ!
  • 次は「コードクラフターズ」で楽しみを広げられる!

経験しながらむりなく学べるのが高ポイント!

「プログラムとはなんぞや?」という話から入ると、わからなくて面倒くさいとなりがち……

ワンダーボックスではそういった懸念はなく「楽しい」から入れるのが高ポイントですよ!

我が家の子供たちは、2人とも「プログラミング得意!」と言っています!

「自信」があると、さらなるレベルアップにも進みやすい!

公式サイトにはさらなる情報満載です、チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました