おもちゃ・ゲーム

ファミリーにおすすめ! シンクファン「ラッシュアワー」でプログラミング的思考を伸ばそう!

おもちゃ・ゲーム

シンクファン「ラッシュアワー」の舞台は駐車場。

混み合う駐車場の奥まった位置に停めてしまった「あなたの赤い車」。
駐車場から出るためには、他の車に移動してもらえなければ出られそうにありません!

「早く家に帰りたいのに!」

さあ困りました。

どのように他のクルマを移動すれば出口にたどり着けるか?

それを考えるゲームです。

我が家ではリビングに常備してあるこのパズルゲーム。

カチャカチャ動かしては「ダメカー」と思わずダジャレも出てしまう……
でも、赤い車を出せた時は「よしっ」とガッツポーズしてしまうほど達成感が得られます!

シンプルなルールでお子さんから大人まで、誰もが楽しめる!

そんな「ラッシュアワー」をご紹介します!

シンクファン「ラッシュアワー」の遊び方!

早速、遊び方を見てみましょう!

「ラッシュアワー」に各クルマの停車位置が示された配置図が40枚ついています。
まずは、この配置図どおりに車を停車。

駐車場が色とりどりのクルマでカラフルになっていきます。

さあ、あなたのクルマを通せんぼしている車に、移動してもらうようお願いしましょう。
クルマなので、前後にしか動けませんよ!

写真は第1問の例です。

シンクファン ラッシュアワー第1問

この場合、まずは黄色のトラックが邪魔しているので動いてほしいです。

黄色のトラックの前には紫のトラックが邪魔していて、紫のトラックの前は青のトラックが邪魔していて……と考えると、緑のクルマを左に一歩動かせば黄色のトラックが動けそうですね。

このように、現状を分析し、論理的にクルマの動かす順番を考えていくのがポイントです!

難易度は、Beginner→Intermediate→Advanced→Expert の4タイプ。

Expertになると、なんでこんなことになったの? というくらいクルマが詰まっていますが、落ち着いて筋道立てて考えれば、必ずあなたのクルマは外に出ていけます!

「ラッシュアワー」はプログラミング的思考を育む

「ラッシュアワー」の解き方について考えてみましょう。

ラッシュアワーの駐車場は6×6マスになっています。

クルマの種類は2種類。
乗用車は2マス、トラックは3マスを専有します。

赤いクルマは常に出口がある列(上から3列目)に配置されており、その前にある邪魔なクルマたちを空いてるスペースにいかに詰めていくかがカギです。

ポイントは3マスを専有するトラック

縦に配置してあるトラックは、赤いクルマが通る時は下3マスのエリアに移動する必要があります。

その考え方を軸にしながら「このクルマをこちらに移動するためには……」と逆算しながら考えてきましょう。

このように、問題解決の手順を筋道立てて考えていくのが「プログラミング的思考」です。

聞くところによると、イスラエル発祥の教育メソッド「MIND LAB.」(学校教育に戦略性の高いボードゲームを使って考える力を育む教育プログラム)の教材にも採用されているそうです。

ゲームを使って楽しくプログラミング的思考を鍛えることができますよ!

また、このゲームは「動かしてたらなんとなくできた」という要素もあります。

最も効率の良い少ない手順で駐車場から出ることがベストなわけですが、「試行錯誤してできた!」でも十分だと思います。

「うーん難しい」と思うことに、「やってみよう」と挑戦し試行錯誤できるというのは、1つのスキルになりますよね!

子供でも楽しめる? 長く楽しめる?

シンクファン「ラッシュアワー」は基本的に一人で遊ぶゲームであり、対象年齢は8歳~となっています。

我が家の子どもたちは10歳と6歳。

下の子は6歳ですが、Beginnerの問題10問であれば、一人で解くことができました。
ただしIntermediateになると「わからないー、やめるっ」となって投げ出てしまいました。

「一緒に考えようか?」と言ったものの「ひとりでやりたい!」ということだったので、結果その日はそのままで、何日か後にまたチャレンジしていました。

こうした状況をどう捉えるかなのかなと思います。

我が家は「ラッシュアワー」を、子供の遊ぶものというよりは、みんなが楽しむものとしているので、時間をおいてやればいいかなと気長に思っています。

小さいころから没頭するくらい楽しんでほしいということであれば、問題の難易度を落とした「ラッシュアワーJr.」もありますよ。

また、含まれる問題40問全て終わったら終わりなのか? という考え方もあるかもしれませんが、正直1度やったくらいで全ての手順を覚えられるわけではないので、時間をおいてまた楽しめるものだと思います。

すごくハマってやりこみ過ぎたら、拡張セットもありますよ!

収納やギフト用途の視点でみると?

シンクファン「ラッシュアワー」はクルマを駐車場に配置した状態でのサイズは16×14×6cmで、プラスチックでできています。

問題カードは紙製ですが、それ以外は汚して丸洗いもできそうで、メンテナンスは楽ですね。

土台となる駐車場は固くてしっかり。
一方のクルマは、クルマ同士が触れると「カチャカチャ」とプラスチック音が響きます。
軽いですが適度に固く、足で踏んでしまって壊れるということはないでしょう。
実際踏んでみましたが痛かったです。

何より学校教育で使用されているくらいなので、丈夫で長持ちは間違いなさそうです。

問題カード40枚は、駐車場に設置されてある引き出し内に収納が可能なので、毎回入れておけば無くしてしまうことはないです。

メッシュの巾着が付属されていますので、駐車場もクルマもすっぽりいれてまとめて収納OK!
我が家は巾着袋ごとボックス収納に入れています。

定価は4,000円弱。

気楽に長く楽しめるパズルゲームとして妥当なお値段かと思います。
出産祝いなどの一生に一度のギフトというよりは、クリスマスや誕生日などに適していると思います。

まとめ:シンクファン「ラッシュアワー」こんなご家庭にオススメ!

まとめてみましょう!

ラッシュアワーをオススメするご家庭!
  • 楽しくプログラミング的思考を育みたい!
  • 気軽にパズルゲームを楽しみたい!
  • 家族みんなが長く楽しめるパズルを求めている!
  • クリスマスや誕生日に手頃なギフトを探している

「ラッシュアワー」はコンパクトで取り出しやすいこともあって、我が家では出番の多いパズルゲームです。

おやつの合間に、暇な時に、時々出してきてはチャレンジ!

落ち着いて考えてみたり、カチャカチャ動かしてみたり、誰でも気楽に始められるのが魅力だと思います!

我が家では、兄と妹、二人で考えていることもありますね。
そうしたことでコミュニケーションが生まれるのも面白いです。

対象年齢8歳~99歳!
子供からおじいちゃん・おばあちゃんまで一緒に楽しめる「ラッシュアワー」、ファミリーにおすすめです!

以上、シンクファン「ラッシュアワー」のご紹介でした!

▼拡張キットはこちら!

この記事を書いた人
なべこ

塾嫌いの母により小中高と自宅学習を余儀なくされた
「自宅学習のベテラン」
現役で慶應義塾大学へ進学し、卒業後は外資系IT企業でエンジニアとして10年勤務。
教育の基盤は家庭にありと、自らの経験を元に”自宅で楽しく学ぶ!”を試行錯誤する日々。STEAM教材にハマり中。
2人の小学生の母。保育士。

なべこをフォローする
ルンルンSTEAM教育!
タイトルとURLをコピーしました